僕のギター

僕がギターを弾いてみたいと思ったのは高校三年生の頃でした。
それまでバスケットボールを愛していた僕がそう思ったきっかけはthe pillowsというバンドとの出会いでした。
ボーカルとギタリストがギターをかき鳴らす姿がとにかくかっこよく、大学に合格したらギターを買ってサークルでバンドを組もうと決めました。

 

大学一年の頃は全然ギターは上達しませんでした。
ギターが上手くなりたいなら難しくても、とにかく自分の好きな曲を練習することが大事なことに気が付きました。
自分の歌に自信が無くて、始めはギタリストになりたいと思っていましたが、ボーカルが見つからなくて、歌うようになってからはずっとギターボーカルを務めています。

 

今では歌うことも好きです。
自分で曲を作るようにもなりました。
曲を作るときもギターが不可欠です。

 

鼻歌で曲を作ろうとしたこともありますが、コードを鳴らしてメロディーを作る方が気に入る曲を作ることができます。
これからもできるだけ長い間ギターをかき鳴らしていければ幸せです。