不人気な楽器でした

小学生の頃、器楽部に入っていました。
担当楽器はアコーディオン。
小学生の私にはアコーディオンというとブカブカした音の出るかっこ悪い楽器というイメージが強くて嫌でした。

 

それに重くてベルトは肩に食い込むし、鍵盤が縦方向に並んでいて弾きにくいし。
なので友達のフルートやコントラバスがうらやましくて、練習にも身が入らずいつも怒られていました。
ある日のことでした。

 

コンクールの課題曲を練習をしていた時に先生が「たまには自分たちの音を聴いてみろ。
」とこっそり録音していたものを流してくれました。
それを聴いてビックリ。

 

いつも聴いている音と違って自分のパートはハッキリ聞こえ、コントラバスやフルートの音は一部分だけしか聞こえません。
確かにアコーディオンの音は大きいし、常に弾いていますから聞こえて当たり前と言えば当たり前。
なぜ先生があんなに細かいところまで指摘したのかやっと分かりました。

 

それからは熱心に練習をして、コンクールでは胸を張って演奏できるようになりました。