特技が自信になりました

4歳から中学2年生まで習っていました。
最初は、親が、「近所の子がやり始めたから」と軽い気持ちで始めさせたようです。
家の近くに個人で教えてらっしゃるところがあったので、そこに通いました。

 

好奇心旺盛な4歳だったので、楽しくて、どんどん覚えていきました。
転勤族だったので、転勤のたびに個人で教えている先生を親が探して通い、結局4か所通いました。
集団で教える教室もありましたが、個人の方が個々のレベルに合わせてくださるので、親もそれを選んだようです。

 

習っていてよかったと思うのは、幼稚園でもいじめられたり、自己主張も弱く、自分に自信のない子供だったのですが、ピアノを始めると、自分に「ピアノ」という特技ができたので、自信がついたことです。
小学校ではとくに、ピアノができる子は発表会や行事で重宝されることが多く、そこで伴奏に選ばれたりすることで、自分に自信がついていきました。
高校受験を前に、練習の時間がなくなりやめましたが、そこでついた自分への自信が、その後の人生にもプラスになったと思います。